高槻 常智山 本行寺

〒569-0078
大阪府高槻市大手町2-43

電話:072-675-0006

お寺の鐘

梵鐘  本行寺の山門をくぐってすぐ、お地蔵さまの後ろに、梵鐘があります。
 日本中の梵鐘の九割以上が、第二次大戦のときに供出され、鉄砲の弾にされたそうです。本行寺の鐘もこの時供出されました。したがって現在、お寺にある鐘は昭和三十三年に新たに作られたものであります。
 本行寺の鐘はよその寺の鐘と、ちょっと違うところがあります。それは昼の十二時と夕方の六時の二回、自動的に時を告げているというところです。
 誰も居ない鐘楼堂から、何の前触れもなく鐘が「ゴォ―ン!!」と鳴るものですから、何も知らずにお寺の前を行き交う人が時々ビックリされています。

 先日も高槻の町並みを取材に来られたテレビのコメンテーターが、演出家の企てで驚かされていましたが、お寺は何も皆さんを驚かそうと思って鐘を鳴らしているのではありません。
 今から三十年以上前のお話です。その頃、本行寺から一軒隔てた理安寺さんのご老僧が、毎日昼と夕に鐘を撞いておられました。片手で杖を突き、もう一方の手で鐘を撞くご隠居さんのお姿は、鐘の音と合間ってほのぼのとした風情のある様子でありました。
 人手によるものであり、ましてはご隠居さんがなさることですから、毎日決まった時間に必ずという訳ではなかったのですが、ご近所のひとつの日常であったように思います。しかし、しばらくして、理安寺のご老僧がお亡くなりになってからは、ここ寺町にあっても、鐘の音を聞くことがなくなってしまったのでございます。
 ちょうどその頃に、奈良の機械メーカーが『全自動鐘撞き機』を商いに本行寺にやって来ました。本行寺の先代住職が「理安寺の老僧の代わりに、本行寺が鐘を撞こうか」ということになり、現在に至っているのであります。
 昔からお寺の鐘は、寺の行事の開式を知らせるためや時を告げるために撞かれてきました。「お寺の鐘が鳴ったら帰っておいで」と外で遊ぶ子供と約束していると近隣のお母さんからお聞きすると、本行寺の鐘も少しは世間のお役に立っているのかなと思います。
 ただし、お寺の鐘は時報の役目のみで撞かれてきたのではなく、梵鐘の「梵」の字の語源が「清浄」を意味するように、清らかな鐘の響きが、人々の苦しみを打ち払う功徳となるようにという願いを持って、撞かれてきたのであります。
 本行寺の梵鐘には「聖世の教伝えて 大鐘の音こそ 浮世の夢 醒ますらめ」と歌が刻まれております。間違っても再び、鉄砲の玉になどにしてはいけません。いつまでも、心豊かにと響き渡る梵鐘であってほしいと願うのであります。